inkさんの暇つぶしBlog

自称LinuxGeekの暇つぶしブログ。いろいろ書いてます

カテゴリ: Linux


Screenshot from 2015-07-04 20:04:55
(画像ではUnityのランチャーが見えてますが基本このゲームはフルスクリーンです。)

どうも、最近忙しいink(@ink5733)です。

 今回この記事ではLinuxで遊べちゃって結構面白い、(かなりここ重要)そんなゲームをご紹介しようと思います。
記念すべき第一回目(続くかどうかはわからない)は「0A.D.」です。

Screenshot from 2015-07-04 16:19:35
(低スペPCで撮影したのでかなりグラフィックが良くないです。設定を変えるとかなりいいグラフィックにすることも可能です。)

 というわけで、0A.D.がどんなゲームなのかと言いますと、あの有名なRTSの「Age of Empire」のようなものです。
Age of Empireがなんなのかわからない方は「Civilization」シリーズのリアルタイム版というふうな認識でいいと思います。(まあ、0A.D.に関しては紀元前500年から紀元0年あたりが舞台なのですが)
なお、Windows、OS X、Linuxに対応していますのでLinux以外でも遊ぶことができます。
そして、このゲームの一番の特徴は完全にフリー(値段的にも著作権的な意味でも)ということです。
つまり、このゲームはオープンソースで、誰でもソースコードをダウンロードしたり、それを改変したりができるわけです。
なのでいますぐ完全に無料でゲームを遊べてしまうし、ゲームを改良してそれを配布などもできてしまうのです。(`・ω・´)

 0A.D. のインストール方法は、Ubuntuをお使いであれば「Ubuntuソフトウェアセンター」、それ以外のLinux環境であれば端末でaptやらyumやらdnfやらpacmanなどでインストールするのがおすすめです。公式サイト(こちら)からダウンロードしてインストールすることももちろん可能です。(というより、WindowsやOS Xなどではこの方法のみとなります。

 というわけで、早速ですがゲームのトレイラームービーを動画でどうぞ

 

 大体の雰囲気はわかっていただけたと思います。ですが一つ問題が、、、 

 そうです。このゲーム完全に英語なんです。(´・ω:;.:...
というわけでこのゲームの日本語化方法もここに書いておこうと思います。

 まずは日本語化MODのファイルをここからダウンロードしてきます。(今回はAlphaの18のファイルを使用します。なのでファイル名は「jalang-0.0.18.zip」になります。)
その次に
  • ~/.local/share/0ad/mods
以下に移動し(Linuxの場合)、modsディレクトリ以下に「jalang」というディレクトリを作成します。そしてダウンロードしてきたファイルをここにzipのままで放り込んであげます。
その次に0A.D.を起動し、「Tools & Options」の中の「MOD Selection」を選択します。
すると下の画像のような画面が出てきます。(画像は日本語化MODを有効にしているのでメニュー表示等が日本語になってます。)

Screenshot from 2015-07-04 20:05:16


 ここから「jalang」という名前のMODを選択、有効化し、「Save Configration」で設定を保存します。
その後ゲームを再起動します。すると日本語化されます。これで完了です。

 これだけで日本語でプレイできるし、インストール自体も簡単なので手軽にのめり込んで廃人まっしぐら、、、じゃなくて簡単に始めることができます。

 ですがいくつか注意してほしい点があります。
このゲームはまだ開発途中でアルファ版だということです。なので重大なバグがあったり完成版とは仕様が異なったりということがあります。まあ、バグについてはきちんと報告しておけば良いことなのですが。
あとまだ未実装なところもあるのでこのゲームのすべてを遊べるわけではないのでご注意を。

 それからこのゲームは3Dグラフィックを多用するということもあり、それなりのスペックのPCが必要になってきます。設定で影をなくしたりといった軽量な設定に変更することもできますが、私のinspironノートでは軽量な設定にしても25fpsぐらいでした。まあ、遊ぶことができないわけではないのであまり気にしなくてもいいのかもしれませんが。

 私自身はこのゲームを三時間ほどしか遊んでいないのですが、このゲームの印象は私の大好物な歴史物のRTSということで一日中遊んでいられるような廃人ゲーなんだなというものでした。
最初のほうで出てきましたが「Age of Empire」や「Civilization」などのストラテジー系ゲームにはまったことのある人ならこのゲームはかなりおすすめです。

 というわけで今回のレビュー(っぽいもの)はいかがでしたでしょうか。
今後もこういうのを書いていきたいなーとか思いつつ今日はこの辺で。 

Screenshot from 2015-08-04 08:16:56
nvidia!

どうも、最近いい音楽を発見できて喜んでるink(@ink5733)です。

 今回はUbuntuにnvidiaのドライバー(プロプライエタリ)をインストールする話です。 
それなりにLinuxとかUbuntuを使っている人でしたらUbuntuでドライバのインストールなんか朝飯前どころか昨日の食事前ぐらいなのかもしれませんが、私はちょっと迷ったところもあったのでメモ書き的に書き連ねていこうと思います( ˘ω˘)

  • まず、右上に有るUnityのパネルの電源ボタンをクリック
範囲を選択_001
  • メニューからシステム設定を選択
Screenshot from 2015-08-04 08:08:31
  • システム欄からソフトウェアとアップデートを選択
Screenshot from 2015-08-04 08:13:11
  • 新しく開いたウインドウの追加のドライバータブを選択
Screenshot from 2015-08-04 08:16:23
  • NVIDIA Corporationのところから「検証済み」とあるものを選択。今回の場合は「NVIDIA binary driver - version 346.59」です。(GTX 750Tiを使用しています)
Screenshot from 2015-08-04 08:16:56
  • 変更の適用をクリック
Screenshot from 2015-08-04 08:17:16
  • パスワードを入力
Screenshot from 2015-08-04 08:17:56
  • PCの再起動
 これで完了です。他のLinuxディストリビューションでは直接nvidiaからドライバをダウンロードしたり、端末からレポジトリにあるドライバをインストールしなければいけないのですが、Ubuntuだととても簡単にできます( ˘ω˘)  

Screenshot from 2015-06-05 17:55:49

 どうも、最近からし高菜にハマってるink(@ink5733)です。

 この記事ではDellさんのinspiron11 3000 2 in 1 ノートブック(以下inspiron)にUbuntu15.04(以下Ubuntu)をインストールした話を徒然なるままに書き連ねていこうと思います。

  そもそも私は何がしたくてこのinspironを購入したのかというと、Linuxでタブレットを使いたかったのです。
つまり、寝ながらモバイル、いわゆる寝モバをLinux環境でやりたかったということです。
このinspiron、すごい子でしてもちろんノートパソコンにもなるし、画面を回せばタブレットにもなるというすごい子なんです。もちろん画面はタッチ対応で夢が広がりんぐでございます。

 そういうわけで、inspironを買う前にいろいろインターネットで調べてみると「箱から出してそのままでUbuntuが動作した」とか「いや、そのままでは完璧にはうまく行かなかった」という方がいらっしゃって、意見の食い違い等あったのですが、最悪Winタブとして使えばいいやということで(つまり人柱)今回購入を決意しました。

 それではそろそろ本題に入りましょう。今回使用するのは、Dellのinspiron11 3000とUbuntu15.04です。
それでは最初にWindowsでPCの動作を確認、今回は特に不具合などはありませんでした。
そしてUbuntuのインストールへ。(この記事ではUbuntuのインストールについては詳しく書きません。)
というわけで、USBにUbuntuのisoイメージを書き込んでPCに差し込みます...

P1030691

 そしてDellのロゴが出ているときにF12を連打し、BootMenuへ行きます。
そしてUbuntuのインストーラーが起動するのですが、今回は特別何か不具合が出たりはしませんでした。というわけで普通にUbuntuをインストール...

 その後再起動し、Ubuntuが立ち上がりました。 ここまでノンストップでバグも何もありませんでした。
それどころかUSBでブートしている時でもタッチスクリーンが使えました(笑)
Ubuntuってやっぱすごい(´・ω・`)

P1030684
(ちょっと見えにくいですが...)

Screenshot from 2015-06-05 17:55:49
(いろいろデザインとかを変えた後です。)

と、まあこんな感じで人柱大勝利という形で幕を閉じると思われたのですが...

 
P1030687

なんとスリープ状態(サスペンド)になったあとに復帰するとタッチスクリーンが使えなくなってる
ではないか...(´・ω:;.:...

 というわけでいろいろ調べてみると、他の方でも同じような症状が発生してるみたいです。
それから更に調べて....私、解決法見つけました(`・ω・´)

 今回何が不具合を起こしているのかとかまではわかりませんでしたが、スリープから復帰した時にあるコマンドを実行すれば、タッチスクリーンが復帰することがわかりました。

 それではまず、
  • $xinput list 
を実行します。
そうすると、
Screenshot from 2015-06-05 17:57:58
このような文字列が出力されます。この中に”Touchscreen”といった文字列が含まれているデバイスを探します。
今回の場合では「ELAN Touchscreen」が該当します。
この名前をコピペするなりしてあとで確認できるようにします。 
そして、
  • $xinput enable "ELAN Touchscreen"
と入力すると、使用できなかったタッチスクリーンが再び使用できるようになります。
”ELAN Touchscreen”じゃなかったよという方は先ほど確認した自分のデバイスの名前で置き換えてください。
これをスリープから復帰した時に毎回手動で打っていては大変なので、自動で行われるようにします。

 というわけで、/etc/pm/sleep.d以下にファイルを作成します。
このsleep.d以下のファイルはスリープから復帰した時に自動的に読み込まれます。
なので、ここにコマンドを書いておけば、自動で実行されることになります。
  • #nano /etc/pm/sleep.d/hogehoge
(今回はエディタにnanoを使用していますが、他のものでもOKです。あと、斜体になっているhogehogeのところは基本何でもOKです。)
そしてここに、
Screenshot from 2015-06-05 17:56:39
と、「then」と「fi」の間に実行したいコマンドを記入します。
今回の場合では、xinput enable "ELAN Touchscreen"です。 
これで、スリープから復帰した時にまたタッチスクリーンが使用できるようになるはずです。 

 というわけで私はこの文章をinspironで書いております(`・ω・´)
あとひとつ、Windowsの時ではPCを縦持ちにしたりすると、画面が回転するのですがUbuntu(というより、おそらくLinux全般)ではそのようになりません。
今回私は解決策を見つけることはできませんでしたが、特に問題になるわけではないので無視してます。

 と、こんな感じでしょうか。
もし、なにか間違いかここはこうしたほうがいいというような意見がありましたらコメント欄かTwitterでお知らせください。
私は基本Twitterにおりますのでそちらのほうが反応が早いかもしれません。(´・ω・`)
拙い文章になってはしまいましたが、こんな文章でもどなたかのお役に立てることができたら幸いです。
それではまたいつか。

(ちなみにPCの背景に設定しているのはRWBYのBlakeさんです。。。かっこいい。。。) 

 追記:脱字を修正。あとタイトルを微調整。なんかこの記事「今回」って単語が多いような気がする... 

image

画像はLinux mint公式ホームページより


2016/08/21追記:この記事は公開されてから日数が経っており、ここに書かれていることはかなり古くなっています。ドライバーのインストール方法をお探しの方は他の情報も参照してください。


どうも。皆さんお久しぶりです。
予想外にタイトルが長くなってしまったink(@ink5733)です。

今日はいろいろあってLinux mint Debian Edition 2 Betsy (lmde 2)
nvidiaのグラフィックボードのドライバをインストールする方法の話です。
最初いろいろつまずいていたところがあったのでこのブログにまとめてみたいと思います。

まず最初にnvidiaの公式サイトから直接ドライバをダウンロードしてインストールする方法
この方法では私の環境ではダメでした
詳しくは確認してないのですが、おそらくnoveauドライバーが関係してるのだと思います。
なのでnoveauをパージしてしまえばインストールできるかもしれません。
ですが今回は別の方法を使います。

その別の方法というのがこちらのサイト(http://community.linuxmint.com/tutorial/view/331)、LinuxMintのコミュニティのなのですが、ここに書かれている方法を試してみました。

まず、ここ(http://us.download.nvidia.com/XFree86/Linux-x86/195.36.24/README/supportedchips.html)に記載されているグラフィックボード(またはこれより新しいもの)は先ほどのページの上にある方を試します。

image

この画像に書いてあるやつ

(記載されていないものは下のIn older cards~の方を試してみてください)
私の場合はGTX 750 tiを購入したので、リストには記載されていませんがそれよりも新しいものという扱いになります
なので最初にapt-getコマンドで

nvidia-kernel-dkms
nvidia-glx
build-essential
nvidia-settings
nvidia-xconfig


の5つをインストールします。インストールが完了したら

nvidia-xconfig

を実行。

これで完了のはずなのですが、私の場合はうまく行きませんでした。
原因は/etc/X11/以下に本来存在するはずのXorg.confというファイルが私の環境では存在しなかったということです。
この事の解決方法はこちらのサイト様(http://sis.seesaa.net/article/111720970.html)を参考にさせていただきました。

まずCtrl+Alt+F1でCUIモードにして、

#service mdm stop

でXをストップさせます。
次に

#Xorg -configure

で新しいXorg.confファイル(名前はXorg.conf.newになります)を作成し、/etc/X11/以下に移動させます(Xorg.confにリネームしてから)。
これで完了です。

次に私の場合は最初に上の5つのパッケージをインストールしてしまったので、apt-get removeコマンドで削除してから、再インストールします。
そして

#nvidia-xconfig

を実行し、PCを再起動させます。これでインストールが完了しました。

簡単にまとめるとこんな感じです。

1. Xorg.confファイルの作成(ない場合は)。
2. [nvidia-kernel-dkms nvidia-glx build-essential nvidia-settings nvidia-xconfig]をインストール。
3. #nvidia-xconfigの実行。


こんな感じです。

というわけで、上に書いてあることで間違っていることもある可能性があるので、この方法を試す場合はあくまで自己責任でお願いします。。。(コメントを書いてくださいましたら修正等致します)
それではよいLinuxライフを...(´・ω・`)

追記
いくらか加筆修正しました(^q^ )
修正前の文章わかりにくすぎ(^q^ )

↑このページのトップヘ